英語で「その他〜など」を何と言うか blah, blah, blah

英語で「その他〜など」を何と言うか 使える英会話
これまでの英語学習で成果の出なかった方でも、3ヶ月で英語が話せるようになります!

ビジネスの世界では、例示をして「〜など」という言い方をよくします。皆さんは、この表現を普段英語で何といっていますか?

and so on, and so forthを使ってみる

and so on, and so forthを使ってみる

おそらくビジネスの世界で「〜など」の意味として一番使われるのは、and so onおよびand so forthの2つでしょう。以下のような言い方をします。

Let me pick up the benefits of this proposal, increase of revenue, increase of operating profit and so on (and so forth).
この提案のメリットを挙げてみると、売り上げの増加、営業利益の増加などがあります。

皆さんも日常の会話の中でよく使う表現だろうと思います。

etc.はほとんど使わない

etc.はほとんど使わない

日本語でも「エトセトラ」という表現を使うことがあります。英語での表記はetc.です。発音上は「ト」は発音せず、「エッセットラ」というような言い方をします。

でもビジネスの世界では、私はこのetc.という表現をほとんど聞いたことがありません。

本田圭佑もやっているビジネス英語のコーチング【PROGRIT】

blah, blah, blahってどういう意味?

blah, blah, blahってどういう意味?

日本人はほとんど使いませんが、主にアメリカ人がたまに使う表現です。以下のように言います。

Let me pick up the benefits of this proposal, increase of revenue, increase of operating profit, blah, blah, blah.
この提案のメリットを挙げてみると、売り上げの増加、営業利益の増加などがあります。

英語の発音は「ブラー、ブラー、ブラー」といった感じです。3回繰り返すことが多いように思います。日本語の「ブラブラ」みたいですから、私も初めて聞いた時は「何これ?」と思いました。

yada, yada, yadaってどういう意味?

yada, yada, yadaってどういう意味?

これはアメリカ人もあまり使わない言い回しですが、本当にたまにヨーロッパ系の人が使うことがあります。意味はblah, blah, blahとほぼ同じで、使い方もほぼ同じです。

Let me pick up the benefits of this proposal, increase of revenue, increase of operating profit, yada, yada, yada.
この提案のメリットを挙げてみると、売り上げの増加、営業利益の増加などがあります。

英語の発音は「ヤダー、ヤダー、ヤダー」だったり「ヤディ、ヤディ、ヤディ」だったりします。こちらも3回繰り返すことが多いです。

これもアメリカで初めて聞いた時には、とても不思議に思いました。まさに日本語で駄々をこねる時に使う「やだ、やだ、やだ」に聞こえたからです。

まとめ

「〜など」という言い方にも色々とあることがわかりました。通常ビジネスで使う場合には、and so onまたはand so forthを使うことをおすすめします。我々日本人がよく使うetc.は、ビジネスの世界ではほとんど使いませんので、言わない方が無難です。

最後の2つはおまけみたいなものですが、覚えておくとネイティブが使った時に理解できていいかもしれません。ビジネスの場面で使われる頻度は、2つともあまり多くはありません。

今日はこれくらいにしておきましょう。ではまた。

無料体験レッスン募集!【シェーン英会話】 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました