老後のお金の備えは大丈夫ですか?

老後のお金

どうも始めましたて、ihitと申します。「ビジネスパーソンのお金の話」というブログをはじめました。どうぞよろしくお願いいたします。

自己紹介については、プロフィールに書いてありますのでご覧ください。私も50歳を越え定年も近づく中、お金に関する不安が頭をもたげてきました。世の中では、老後の資金2,000万円が必要だという議論が巻き起こっています。一体いくら必要なのでしょうか?ということで、今日は老後のお金についてお話しします。

定年後もなんとかなると思いつつも不安がある人は定年後設計スクール体験学習会

人生100年の時代 老後のお金が心配

人生100年の時代

人生100年の時代と言われています。そもそも誰が「人生100年の時代」なんて言い始めたのでしょうか?ロンドン・ビジネス・スクールのリンダ・グラットン、アンドリュー・スコットが書いた『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略』という本の中で提唱した考え方です。少し前までは人生80年、大昔は人生50年なんて言われていたこともあるのに、随分寿命が延びたものです。

日本では、政府も人生100年に向けた施策をいくつか打ち出しているところです。例えば、高齢者が学べる機会の確保、高齢者雇用、全世代型の社会保障制度などがあります。安倍政権も色々と批判を受けていますが、とはいえ人生100年時代に向けた手は打っているというところでしょうか。

老後のお金は本当に2,000万円が必要なのか

老後の資金には本当に2,000万円が必要なのか

2019年6月の金融庁の審議会報告書案に記載されたこの内容は、マスコミで大きく取り上げられたこともあり、流行語のようになりました。安倍政権には批判が集中し、「安心して老後も暮らせない」という意見が大半を占めました。

報告書を無いものにした、という安倍内閣の対応には私も疑問がありますが、それ以上に批判をする人たちへの違和感を感じました。というのも、「これは前からわかっていたことじゃないの?」と思ったからです。

「老後のお金は本当に2,000万円必要か?」という問いに対する私の答えは、Yes and Noです。これはその人の生活水準に大きく影響されるからです。普段から出費の多い生活をしている人にとっては、おそらく2,000万円もしくはそれ以上のお金が必要でしょう。一方、節約をしている家計の人にとっては、2,000万円あればやっていけるかもしれません。

さらに考えないといけないのは、人それぞれ老後の時間の長さが異なるということです。60歳で定年退職するとして、90歳まで生きる人にとっては老後は30年ですが、75歳まで生きる人にとっては老後は15年しかありません。単純計算すれば、かかるお金が2倍違うということです。

自律することが必要

自律することが必要

前述の通り、一概に「老後のお金は2,000万円必要か」だけの議論はあまり意味を持ちません。ただ一つ言えることは、年金など公的資金に頼るだけでなく自分で「老後資金にはいくら必要か」ということをしっかりと考え、対策を実践してゆくということだと思います。

つまり自立するということです。もっと言うと、自律するということです。私は個人的に自律という言葉が好きです。文字通り「自ら律する」ということですから、独り立ちするだけではなく、自分を客観的に分析してコントロールするするという意味があるからです。

このブログでは、今後「自律したビジネスパーソン」に関することも書いてゆきたいと思っています。今日はこれくらいにしておきましょう。ではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました