将来の不安を解消する3つの方法 健康編

将来の不安を解消する3つの方法 健康編 日々の暮らし

SBI生命が2019年10月に発表した「将来の不安に対する意識についてのアンケート調査」結果によると、以下のような順位でした。

  1. 病気(生活習慣病・がんなど)になる
  2. 災害にあう
  3. 事故にあう
  4. 貯金がない
  5. もらえる年金の額
  6. 親の介護
  7. 病気(精神疾患・うつ病など)になる
  8. 充分な収入が得られなくなる
  9. 病気やケガで働けなくなる
  10. 資産がない

今回は回答者がこの先不安に思っている要素の一番である、健康について取り上げてみたいと思います。最初に結論を言いますが、私が考える健康に対する不安解消のための3つの方法は以下の通りです。

  1. 健康診断を受ける
  2. 生活習慣に気を配る
  3. 必要な保険に入る

それでは、この後アンケート調査結果の概要を見て、それぞれ不安解消のためのポイントについて詳しく見てゆきます。

「将来の不安に対する意識についてのアンケート調査」結果の概要

出典:SBI生命 「将来の不安に対する意識についてのアンケート調査」結果

それでは健康編に入る前に、まずSBI生命が2019年10月に発表した「将来の不安に対する意識についてのアンケート調査」結果の概要について見てゆきましょう。

先ほどもお見せしましたが、回答のうち、トップ3は以下のような内容です。全て残りの人生における健康に関わる心配事です。

  1. 病気(生活習慣病・がんなど)になる
  2. 災害にあう
  3. 事故にあう

さらに、トップ10のうち6個が健康に関する不安であることもわかりました。いかに皆さんが自分の将来の健康について心配しているかということの表れでしょう。

私も自分の健康に不安を持っています

私も自分の健康に不安を持っています

かく言う私も50代となってから、特に健康に不安を感じるようになりました。現在、私は持病として脂質異常症と緑内障を患っており、今でも通院しています。

脂質異常症は、以前は高脂血症と呼ばれており、血液中のコレステロールや中性脂肪が多すぎるという生活習慣病の一つです。放っておくと、動脈硬化になる恐れがあり、心筋梗塞や脳梗塞という死に直結するような重い病気を起こす可能性のある病気です。毎月内科に通院して、コレステロールを下げる薬を飲んでいます。

緑内障は視神経の異常によって起きる次第に視野が欠けてゆくという病気で、最悪失明してしまう可能性のある怖い病気です。2ヶ月に1回の頻度で眼科に通院し、現在4種類の目薬を毎日朝晩点眼しています。

脂質異常症は、健康診断で指摘されて30代の頃から通院しています。もう20年以上の付き合いになります。緑内障は40代になってから見つかったもので、こちらも10年以上付き合っています。

そのため、いつかは心筋梗塞や脳梗塞になるのではないか、失明してしまうのではないか、という不安を持って毎日を生活しています。

健康の不安トップ3に対する私の考え方

健康の不安トップ3に対する私の考え方

私の話はさておき、本題に戻りましょう。将来の不安に関するトップ3が健康に関わるものでした。では、なぜ人はこのような自分の将来の健康について心配になるのでしょうか。それは、先のことは誰にもわからないため、「見えない」ものに対する漠然とした不安が大きいからだろうと思います。そのため、「見えないもの」をできるだけ「見えるもの」にしてゆくと不安が軽減されるとも考えられます。

また、これらトップ3の不安を分類してみると、自分でコントロールできるものとできないものに分けられます。1位の「病気(生活習慣病・がんなど)になる」は、先天性のものを除けばある程度自分でコントロールできると言えます。一方、2位の「災害にあう」と3位の「事故にあう」は、自分ではコントロールできないと言えるでしょう。

自分でコントロールできるものとできないものを区別することによって、漠然とした不安から解放されるようにすることが必要ではないかと考えています。

健康の不安を解消するための3つの方法

健康の不安を解消するための3つの方法

将来の自分の健康の不安を解消するために、私の考え方に基づいて3つの解決策を提示したいと思います。

健康診断を受ける

まず最初は、健康診断を受けるということです。これは、自分でコントロールできる範囲ですね。私も前述の脂質異常症と緑内障は、両方とも毎年受けていた健康診断で発見されたものです。脂質異常症は血液検査をすれば簡単に見つかりますし、緑内障は、眼底カメラで検診してもらって異常を発見できました。その後、眼圧が異常に高いということが検査でわかって緑内障と診断されました。

もし私がこの健康診断を受けていなかったら、2つの病気もわからなかったわけです。脂質異常症は、自覚症状もなく進行するので、今頃は心筋梗塞や脳梗塞で倒れていたかもしれません。緑内障も、ほとんど日常生活では自覚症状がないので、今頃は失明していた可能性もあるわけです。

企業に勤務している人であれば、会社が毎年健康診断をしてくれるはずです。また自営業の方は、地方自治体が実施していますので、そちらで受診するのがいいでしょう。1年に1回は必ず受けるようにしてください。

生活習慣に気を配る

次に生活習慣に気を配るということです。実際に生活習慣病を患っている私が言うのも何ですが、これも自分でコントロールできますね。

私は脂質異常症と診断されてから、まず食事に気を配ることにしました。コレステロール値を上げる食べ物は、実は少しずつ変わりつつあります。私が最初に脂質異常症と診断された頃は、卵は絶対摂りすぎてはいけないと言われていました。しかし最新の研究結果によると、少し違ってきているようです。とは言え、卵の黄身はあまり食べ過ぎないようにしています。また、糖質を控えるため、甘いものや米の量も減らすようにしています。

甘党の人やご飯好きな人にとってはちょっと辛いかもしれませんが、自分の健康のためです。しっかりと頑張りましょう。

一方で肉は比較的摂るようにしています。昔は脂質は摂りすぎてはいけないということで、コレステロール値が高い人は肉は食べないように言われていました。しかし最近ではむしろ赤身肉であれば、積極的に摂取した方がいいという意見が多いようです。

また、5年くらい前から始めたのはウオーキングです。今では、散歩より少し早足で歩く習慣ができています。さらに最近では、腹筋運動とスクワットを取り入れています。とにかく、体内になるべく脂肪分を溜めないように気をつけるようにしています。

必要な保険に入る

3つ目は必要な保険に入るというものです。これは、自分ではコントロールできない「災害にあう」と「事故にあう」への備えに他なりません。ここで重要なのは、自分の将来のために「必要な保険」をよく考えてみるということです。私が考える必要な保険については、以前の記事でも書きましたので、参考にしてみてください。

ただ、自分にとって必要な保険を考えるというのはなかなか難しい場面もあると思います。そんな時には、ファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれる保険相談をしてみることをおすすめします。かつての保険相談は、保険会社が行なっていたため、無理やり加入させられるものが多かったのですが、最近ではファイナンシャルプランナーが親身になって相談に乗ってくれるケースが多くなりました。

ファイナンシャルプランナーが相談に応じてくれる保険相談を載せておきますので、参考にしてみてください。

保険相談特徴リンク
保険の相談ひろばLINK来店型保険ショップと専門ファイナンシャルプランナー訪問サービスを、 都合に合わせて選択できる【保険の相談ひろばLINK】
保険見直しラボ・ショップ型ではなく「訪問型」のため希望の場所で相談できる
・小さな子供のいる家庭や外出しづらい人におすすめ
保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!
保険コネクト・平均20社以上の保険商品を比較して提案
・日本全国対応可能
・どこでも、何度でも相談無料
・独自の「安心評価制度」の項目を満たす優秀なファイナンシャルプランナーのみ
無料保険相談の【保険コネクト】
保険の比較相談・平均20社以上の保険商品を比較して提案
・ファミレス等希望の場所で、何度でも相談無料
・保険だけでなく学費や住宅ローン、株・債券、ideco、相続、節税などの相談も可能
最近人気の保険の比較相談『FP無料相談』は今すぐコチラ!

まとめ

さて今回は、SBI生命が実施した「将来の不安に対する意識についてのアンケート調査」結果を元に、皆さんが抱えている先々の心配事を解消する方法について考えてみました。

まず最初に、アンケート調査結果の概要をお伝えしました。その中では、健康に関わる不安を持っている人が多いことがわかりました。

次に私個人の話として、脂質異常症と緑内障を患っていることをお伝えしました。いずれの病気も長い付き合いですが、当然の話として私も自分の将来の健康については、不安を持っているということをお話ししました。

次に、アンケート調査結果を踏まえて、私自身が考える健康不安に対する考え方を示しました。一つは漠然とした不安を見えるようにすること、もう一つは自分でコントロールできるものとできないものを分けて考えるということでした。

そして、将来の健康不安の解消法として、私が考える以下の3つの方法をお伝えしました。

  1. 健康診断を受ける
  2. 生活習慣に気を配る
  3. 必要な保険に入る

人それぞれ、自分の未来への心配事は耐えないと思います。特にSBI生命の調査でわかったような健康に関する不安は気になるところです。今回お伝えしたことが参考になれば幸いです。

今日はこれくらいにしておきましょう。ではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

  1. tackmemo より:

    こんにちは。私も50代で2年前に不整脈の治療をしたので、健康に対する不安がありますね。なってしまったものはできるだけ治すしかないですが、今なにも心配するようなことがない人は大丈夫だと言わずにちゃんと体のケアをして、いざという時の備えをしておくことが大切ですね。当たり前のようなことですがなかなかできないです。特に2.の「生活習慣に気を配る」は意識を高くしないと難しいです。私はなかなかできませんでした。^^;

    • ihit ihit より:

      tackmemoさん
      いつもコメントいただき、どうもありがとうございます。確かに生活習慣に気を配ることは難しいのですが、私の場合はほとんど習慣化してしまいました。これをやるのが当たり前、という感覚になるのが大切だと思います。

タイトルとURLをコピーしました